CubechainのICO次世代Blickchain4.0プライベートセール参加

CubeChain-Blickchain4.0

CubechainのICOが注目される理由?プライベートセール参加

 

2017年から開発が進みついにCube chain「次世代型ブロックチェーン4.0」誕生!

 

多くのICOが夢を語り、実際に実用しようとしてもなかなか実装されない事業が多い中CubeChainは、様々な国(イラン)や企業(エアアジア)など技術提携が進んでいます。

 

最新技術で世界が変わる理由・高騰が見込める理由を解説していきますのでお楽しみに。

 

★ 目次 ★
1.Cube chainを簡単に解説

 1.-1.Cube chainの仕組み
 1.-2.従来のブロックチェーンの短所
 1.-3.オリジナルブロックチェーン技術
 1.-4.取引帳簿の比較速度が高速化
2.CubeChain(CubeSystem)社長インタビュー
3.最後に

 

1.Cube chainを簡単に解説

 

ここでは「Cube chainの仕組みがなぜ必要なのか?」を学習し、6月16日から始まるプレセールに向けICOに参加する意義を解説します。

 

1.-1.Cube chainの仕組み

 

最先端のブロックチェーン4.0の技術今まで出来なかった事が可能に!

 

 

これまでのブロックチェーンの問題点を解決するために生まれた、次世代ブロックチェーン。

 

・記録偽造を防ぐブロックチェーン中央管理機関が無く取引情報を記録した元帳を分散管理できるからです。

 

 

1.-2.従来のブロックチェーンの短所

 

・マイニングにより膨大な資源浪費

 

・ユーザー急増で取引速度の低下

 

 

1.-3.オリジナルブロックチェーン技術

 

・インデクシング(ブロックデーターを整理する)

 

・スタティック(頻繁に使うデーターを瞬時に提供)

 

・エスクロー(条件付き捺印証明書を作動)

 

27個のキューブが繋がり1次暗号化後、更にブロック化され2次暗号化されます。

 

動画をご覧頂くと、3つのブロックの色が変わっていることにお気づきかと思います。

 

この3つのブロックが、CubeChainの肝となる特殊ブロックで2時暗号化されたブロックを比較検証し3次暗号化されます。

 

セキュリティー性が強化されます。

 

 

1.-4.取引帳簿の比較速度が高速化

 

従来のブロックチェーン=1つのノードを処理

 

Cube chain=24個のノードを同時に処理

 

時間当たりの処理量が格段に速くなります。

 

ビットコイン取引に第3者の介入ができなかったが、CubeChainは第3者の介入を可能にすることで安全取引が可能に。

 

 

2.CubeChain(CubeSystem)社長インタビュー

 

サムスンを抜いて最優勝を受賞したCubeChain(CubeSystem)の社長「DongOh Kim」のインタビュー

 

 

 

3.最後に

 

Cube chainの仕組みがなぜ必要なのか?」を学習して行きますが、ピンときた方は既に購入を考えられていると思います。

 

基本的に6月16日から始まるICOのプレセールに向け、参加する意義を解説して行きますが、ブロックチェーン4.0への注目度は尋常ではありません。

 

ブロックチェーン4.0に関する解説もしていきますのでお楽しみにしてください。

 

プライベートセールお問い合わせは、LINEに友達申請し「Cube chainプライベートセールについて」とメッセージしてください。

 

当サイトでは初めてのICOの紹介になりますが、夢の億リ人を目指す良いスタートになるでしょう。

 

 

 

 

当サイトが案内するICOや投資案件は結果を保証をするものではありません、運用される場合は自己責任で参加されることをお願いいたします。
このエントリーをはてなブックマークに追加   

LINEグループ最新情報配信中!

LINEグループでは、最新の情報(ICO情報・重要事項)が配信されます(不定期)。
友だち追加

LINE ID:@mng0300h

分からない事や質問などありましたら、お気軽にLINEより連絡くださいね。
トップへ戻る