月利10%を稼ぐ配当型ウォレットは危険だ!詐欺だ!少額資金で始めてみる

月10%を稼ぐ配当型ウォレット

仮想通貨の未来を学習し将来の資金を作るために投資!

 

仮想通貨は、2018年年頭から下落・低迷を続け「仮想通貨は終わった!」と言う方もたくさんいましたが、管理者は「仮想通貨の未来は明るい」と考えており、今は我慢の時だと仕込みを中心に行ってきました。

 

昨今は「危険だ!」「詐欺だ!」と言われる配当型ウォレットが、思わぬ稼ぎを実現しています。

 

もちろん「安全だ!」と言うつもりはありませんが、資金の少ない管理者が短期間で資産を増やすためには、リスクを負う必要があると考えています。

 

仮想通貨の中でも、ビットコインは100万ドルになる・イーサリアムは10万ドルと言う予想も出ていますので、乱降下を気にせず長期保有するのも1つの手段だと思いますし、管理者は長期保有をおススメしています。

 

Bitcoinは次の10年間で100万ドルを突破?

 

95%の正確な指標からBitcoinは次の10年間で100万ドルを突破が見込まれる!

 

株式対フローの比率として知られる指標は、今後10年間でBitcoinが100万ドルまでの軌道に乗っていることを示していると述べた。

 

短期的に見れば「半減期でBTCの価格を10万ドルから30万ドルに引き上げ、100万ドルまでに一旦およそ40,000ドルになるでしょう。

 

 

ビットコインの半減期に向けて高騰の可能性!

 

過去の価格変動の動きには「一定の規則性」半減期の3?12ヶ月前から上昇を始め、今回の価格上昇もほぼ同じ推移となっていることが分かります。

 

月10%を稼ぐ配当型ウォレット

 

画像のようにビットコインが推移するなら、これから2021年にかけて高騰することが予想できます、このタイミングで、配当型ウォレットと共にコツコツビットコインを集めるマイニングに力を入れる事にしました。

 

“クラウドマイニング”は、比較的手堅い投資と言えますし、長期保有すると考えれば、今低迷している時期にできるだけ多く集めておくことが得策だと考えます。

 

ところが、低迷が続く今仮想通貨を集める手っ取り早い方法は、配当型ウォレットでAIアービトラージなどを運用することも1つの手段だと考えています。

 

このカテゴリーでは、実際に、管理者が運用している配当型ウォレットの実績転運用方法元に、仮想通貨初心者の方にも分かりやすく、配当型ウォレットに仮想通貨を預け、運用を行い高配当(月利10%程)を稼ぐ手順を解説します。

 

月間10%で3年間運用するシミュレーション

 

1日0.3%を毎日複利で運用すると、1ヶ月後には約倍になります。

 

毎日複利の計算は、keisanと言うCASIOのサイトをご利用ください。
https://keisan.casio.jp/exec/system/

 

ここでは、以下の条件で計算して観ました。

 

・複利計算(元利合計)
・月利:10%
・元金:100,000円
・経過月数:36

 

月10%を稼ぐ配当型ウォレット

 

画像では「年目」となっていますが「ヶ月目」に置き換えご覧ください、計算機の性質上月単位の計算は困難でしたのでご了承ください。

 

如何ですか?

 

もし3年続いたらと考えませんか?

 

もちろん「無理だろう?」と考えるのが普通でしょう、ですが夢があるのも間違いありません。

 

先程も申したように、パチンコや公営ギャンブル・宝くじなどに投資して資金を無くすより夢があると感じての参加です。

 

また、配当型ウォレットは、投資を辞めたい時にはいつでも元本を引き出す(手数料5%ほどかかります)ことができるので安心でもあります。

 

ETH価格が以前のように10万円程に戻るなら、更に4〜5倍になりますし、独自トークンの値上がりもありますので、複利にせずそのまま配当を保有すると言う方法も視野に入れて下さい。

 

もちろん普通に考えれば不可能な配当でしょうが、アービトラージと言う特性上不可能ではないことも確かです。

 

管理者的には「稼げるならやっておかないと勿体ない」と言うのが正直な意見です。

 

仮想通貨の運用をされていますか?

 

危険だ!」「詐欺だ!と言う誹謗中傷は、配当型ウォレットだけではありません、仮想通貨全体・中でもビットコインは今だに「危険だ!」「終わった!」などと言われている方もいます。

 

ヤフーやソフトバンクが生まれた時もそうですし、プロ野球でもライブドアの堀江貴文さんが「プロ球団を買収する」と言ったとき、あなたはどう思いましたか?

 

少なくとも球団関係者は「TI企業が球団を運営できるもんか?」と言う考えでした。

 

ところが現在は、ソフトバンク・楽天・DeNAとTI企業が運営し、全て優勝を経験しています。

 

仮想通貨(ブロックチェーン)も「誰もが危険だ!」と感じている今参入することが将来の基盤を作るでしょう。

 

仮想通貨はこれまで、

 

・HYIPと呼ばれる高配当案件(ポンジスキーム)
・詐欺が多かったICO
・2018年の大暴落

 

など、イメージ的にも良い印象はありません。

 

ですが、そんな中でもアービトラージで運用する、配当型ウォレットは比較的長期運用が可能です。

 

アービトラージは、最初から稼げることが分かった上での運用ですが「月10%の配当なんてバカげている」と言うのも一般論でしょう。

 

ですが、富裕層の方に入ってくる投資案件には、1〜3年で5倍・10倍になる高配当案件(倍率は確定ではない)が多いそうです。

 

事業は、一般の方に配当する還元率と富裕層(大口)への投資家への還元率は異なります。

 

それらを考えると「配当型ウォレットの配当率もまんざらではないのでは?」と思わずにはいられません。

 

また、企業はとてつもない資金を使い莫大な広告費を払ってプロジェクトの認知度を上げます。

 

堀江貴文さんが球団回収の際のことについて行われた対談記事にも、広告効果について語られています。
NumberWeb(文藝春秋)さんより⇒こちらから

 

最後に

 

私は「やらないよりやった方がいい」という考え方、又は「後でやっとけばよかった」と後悔する質ですので、仮想通貨を始めてからも多くの案件に参加し失敗を重ねています。

 

※例え失敗したとしても「やらないで後悔するより、やって失敗する方が良い」と考える質で、後で「その案件がうまくいった」ことを知ると、後々まで尾を引きやすい。

 

それでも結果的には、初期投資の800倍以上の資産になっています。

 

また「失敗の数が多いほど、成功が大きくなるのではないか?」なんて考えたりもします。

 

とは言え、同じ失敗の苦しみは味わってほしくないので、皆さんにはできるだけ「失敗をしないで資産を増やして頂きたい」とも考えます。

 

配当型ウォレットも、運用された方が世界中で独自にネット拡散・オフライン説明会も参加者が独自で進行する為、莫大な費用をかけて広告をする必要がありません。

 

となれば、広告費となるはずの資金が分配されることは可能となり、高配当に繋がります。

 

もちろん全てのウォレットが長期運用されるとは言えませんが、早期参入を繰り返すことで大きな資産を得ることは可能でしょう。

 

配当型ウォレットに限らず「人類が始まって以来初めての大チャンス!」=仮想通貨に関わる最大のチャンスが訪れています、是非何かしらの案件に取り組んでみて下さい。

月10%を稼ぐ配当型ウォレット記事一覧

まず最初に紹介するのが、プラストークンです。1周年を迎えたプラストークンは、ベトナムや中国で2019年6月になっても参加者が急増しており、2,500人を集めるイベントも行われています。また、日本でも全国で毎月説明会が行われており、留まるところを知りません。とは言え、無理をして運用を開始することは避けるようお願いいたします。プラストークン(PlusToken)とは?プラストークン(PlusToken...

今回紹介するWoToken(配当型ウォレット)のビジョンは、仮想通貨のAlipayを作ることです。金融庁が日本人総投資支援?先日、金融庁が、老後資金が年金だけでは足りず「30年間で約2000万円が必要」と試算!と言うニュースが流れました。朝日新聞⇒こちらからこれって衝撃的ではないですか?国は「自分のことは自分で考えろ!」って言っているのですかねぇ?今の日本経済で定年までに2,000万円も貯金できる...

はじめに昨今は、プラストークン・WoToken・BlockEcoTokenなど、仮想通貨を預けて高配当を受けることができる、配当型ウォレットが増えています。殆どが日利0.2〜0.3%の配当が貰えるウォレットです。このような案件は「危険だ!」「詐欺だ!」とネット上で騒がれます。ですので「美味しい話」と感じると、ほとんどの方が「ググってみる!」と言う手段を取ります。もちろん、危険と背中合わせかもしれま...

当サイトが案内するICOや投資案件は結果を保証をするものではありません、運用される場合は自己責任で参加されることをお願いいたします。
このエントリーをはてなブックマークに追加   

LINEグループ最新情報配信中!


LINEグループでは、最新の情報(ICO情報・重要事項)が配信されます(不定期)。
友だち追加

LINE ID:@mng0300h


分からない事や質問などありましたら、お気軽にLINEより連絡くださいね。

Sponsored Link

トップへ戻る